力を合わせ試行錯誤しながら機械を作り上げていく一体感も当社ならではの魅力だと感じている。柏工場 製造課 2007年入社

力を合わせ試行錯誤しながら機械を作り上げていく一体感も当社ならではの魅力だと感じている。

製造課 2007年入社


現在どのような仕事に取り組んでいますか?

私がいる製造課は、当社のものづくりの中でも最後のプロセスとなる機械の組立を担う部署です。当社の包装機械はお客様のニーズに合わせて1台1台がカスタマイズされているので組立も複雑です。そこが難しさであり面白さでもあります。組立ばかりでなく、要求どおりの性能や機能が発揮されるように組立後に調整を行うのも私たちの仕事です。さらには出荷前の検査の立ち会い、お客様の工場への納入や最終調整、メンテナンスにも携わるなど仕事はとても幅広いです。お客様の工場へ行った時に、機械にご満足しているお客様の様子を見たり生の声を聞いたりできることがこの仕事の一番のやりがいだと感じています。

仕事でやりがいを感じるのはどんな時?

自分たちの手で機械を組み立てて仕上げていく製造課の仕事には、子どもの頃に熱中したプラモデルづくりにも似た楽しみと喜びがあります。新規開発の機種の組立・調整では、まさにゼロベースから取り組むため、様々な難題を解決しながら進めていかなければなりません。時には私たち組立の視点から、設計などについて提案を行うこともあります。設計や加工など他の部署のエンジニアとも力を合わせ、試行錯誤しながら1つの機械を作り上げていく一体感も当社ならではの面白さだと思います。それだけに機械が完成した時の達成感もたまらなく大きいです。

これからどんな仕事にチャレンジしていきたいですか?

製造課のエンジニアは大きくメカニカル(機械)系と電気系に分かれ、私はメカニカル系を担当しています。今後は、電気系の組立にも関わり、さらに新しい知識を身につけていきたいと考えています。2つの分野の知識を身につけていれば、お客様の工場での最終調整などでも仕事の効率が高まります。また、違う分野の知識を学ぶことによって、自分の専門であるメカニカル系の組立でも、これまでにない柔軟で新しい発想が得られると思います。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

就職活動は数多くの会社を知ることができるチャンスなので、できるだけ多くの会社を見学してみるべきだと思います。また、仕事の内容はもちろん、福利厚生など働く環境について知ることも大切です。私自身、そのような多様な視点で就職活動をして当社に出会い、とても満足しています。