自分なりの工夫が生きてイメージしたとおり美しく部品が仕上がった時にこの仕事の面白さを感じる。柏工場 部品課 2003年入社

自分なりの工夫が生きてイメージしたとおり美しく加工された部品を見る時がこの仕事の醍醐味。

部品課 特急特技係 2003年入社


現在どのような仕事に取り組んでいますか?

当社は、設計から加工、組立までものづくりのすべての機能を自社で持っています。部品の加工についても、大型や特殊なものについては自社の工場で行っています。私は現在、その加工を担う部品課の中でも、より特殊仕上がりを急ぐ部品を担当する特急特技係に所属しており、大型マシニングセンターでの加工を担当しています。このマシンは、工具を自動で交換して様々な加工を1台で行う数値制御工作機械です。包装機械のフレームや大型の鋳物部品などをミクロンオーダーで4面加工しています。長年にわたって蓄積してきた当社の数値制御のノウハウが随所に息づいている加工機械です。

部品の加工での難しさ、面白さは?

私が担当するマシニングセンターはプログラムに基づいて自動で加工を行います。けれども、プログラムを組めばそれで作業が終わりというわけではありません。中でも難しいのは、加工する部品をマシンにいかにセットするかといった段取りのプロセス。切削する部分の形状や性質などによって繊細な調整が必要で、それによって仕上がりの精度が大きく変わってしまいます。いくら自動化が進んでも、機械任せにはできない、人間の感性が求められる仕事です。そんな自分なりの工夫が生きて、イメージしたとおり美しく部品が仕上がった時がこの仕事の面白さを感じる時です。

これからどんな仕事にチャレンジしていきたいですか?

部品加工の仕事に携わって10年以上になりますが、まだまだ学ぶことがたくさんあります。つくづく奥の深い仕事だと思いますし、そこがまた面白さでもあります。最近では、自分が担当するマシンで使う切削工具の再研磨などの技術にもチャレンジしています。当社にはベテランの技術者も数多く、そんな大先輩たちから1つでも多くの技術を継承していきたいと思っています。その一方で、後輩たちの育成もこれからの私の大切な仕事です。よく「技術は見て盗め」と言いますが、そればかりでなく資料を整理したり、後輩たちがわかりやすく学べるように自分なりの工夫をしています。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

当社は、様々な機械を設計から加工、組立まで一貫して作っているユニークな会社です。機械に興味があってものづくりが大好きな人であれば、きっとやりがいのある仕事に出会えると思います。ぜひ一緒に仕事をしましょう。