会社情報

テクノロジー [オリジナル技術]

「たばこのフィルターを世界最高速で空気搬送するシステム」
〜たばこ用フィルタプラグ供給装置〜



概 要 たばこ用フィルタプラグ

一般的な紙巻たばこを構成する材料品のひとつに、「たばこ用フィルタプラグ(以降フィルタと称す)」があります。私たちは紙巻たばこの製造工程へ、世界最高速で「フィルタ」を供給する装置を開発することに成功しました。


経 緯 更なる高効率化や高速化を目指す


フィルタを巻上製造工程へ供給する主な方法として、コンベア搬送方式とエアを利用した空送方式の2種類があります。
その内の「圧縮空気を利用した空送方式」は、通常、フィルタ供給機(M66N)とフィルタ受け取り機(FRR)、その2つの機械をつなぐ長いパイプで構成されています。

紙巻たばこを巻き上げる機械や包装機械が高速・高機能に推移していく中で、たばこの種類や銘柄、そしてフィルタも多種多様化してきました。実際、フィルタを扱う機械にとって、異なるフィルタ素材の組み合わせは「フィルタの折れや潰れの要因」となり、フィルタに含まれる活性炭は「フィルタの汚れや機械部品の磨耗の要因」となってきました。さらに高速でフィルタを搬送するが故に、「空送パイプ内でのフィルタ詰り」が発生した場合は、機械の運転状態を即時に停止し、速やかに復帰する制御ロジックが不可欠となってきました。


システム 世界最速の搬送処理能力

私たちは様々な技術的課題を解決するために、フィルタという素材と、それが機械・装置と接する時の挙動について解析・研究し、また時にはお客様のご協力を頂きながら試作や実験を繰り返してまいりました。その結果、私たちはお客さまのたばこ製造設備の能力を損なうことがなく、且つ大切な商品である「フィルタ」を傷つけずに無駄なく搬送するシステムをかたちにすることができました。

遠く離れた場所に、一本の長いパイプを介して1分間に2600本の「フィルタ」を送り出すM66Nと、それを高速で受け取ることができるFRRは、現在のたばこ関係業界で空送方式としては世界最速の搬送処理能力です。