包装形態の紹介(ワイドトップバック)

当社は、縦ピロー包装機や上包機を中心に新しい包装形態や機能包装のご提案をお客様に積極的に展開しております。
今回は、その中の一例で当社が新包装形態として開発した包装袋『ワイドトップバックR』をご紹介致します。


「ワイドトップバックR」
商品の自立性(ディスプレイ効果)と中身の取り出しやすさを両立させた当社独自の包装形態です。ジッパーの装着も可能で再封機能を付加する事も可能です。


<自立性と取り出しやすさの実現!>
縦ピロー包装機における包装形態で、自立性を確保する為には、『ガセット角底』の包装形態が一般的です。しかし、『ガセット角底』袋は開口寸法が狭くなり商品が取り出しずらいという課題がありました。
この課題を解決する手段として、開口部は平袋の状態で、ボトム側を外側に折るというアイデアが生まれました。
この外折りの機能を「かたちに」するために、数多くの技術的なトライアルを繰り返し、包装袋「ワイドトップバックR」の商品化に成功することが出来ました。
今や包装は商品の一部であって、包装による商品価値の向上が今まで以上に重要になってきています。包装は私たちの暮らしを支え、豊かにする縁の下の力持ちです。

ワイドトップバック