包装あれこれ

製品を機能的に包装し経済合理性だけを追求していた時代は終わりました。
今や包装は商品の一部であり商品価値やイメージの向上までも視野に入れ、社会の変化に対応し、生活者にとってなくてならない存在として非常に重要な役割を担っています。

包装あれこれ

包装の役割

包装は、製品を安全に持ち運ぶための手段としての機能を求めていた時代から、流通から販売までを一元的に管理する時代に変化し、包装に求められる機能も一変しました。
現在では、包装は品質を保持するだけではなく、一時保管機能や、商品イメージを向上させる感性の領域までも包装に求める時代になっています。

包装形態の紹介

包装形態は被包装品の材質、大きさ、質量、性格などによって包装材料、形態、方式、求められる機能など様々です。現在では、生活者のライフスタイルの変化に伴い、安心、安全で快適な暮らしの追求と、流通の効率性、経済性の観点に加えて、環境に優しいことへの配慮など、包装に求められる機能が多様化しており、包装形態に影響を及ぼしています。